地震対策.com

巨大地震に備えた対策と対応~停電!スマホが使えない!~|地震対策 .com


地震に備えて:電気

電気

大地震発生時、電気のインフラも停止することが多いです。電気の供給が停止すると、信号や街灯の停止など社会的影響が大きいです。 インフラとしての電気はガスや水道よりも復旧のスピードは速いとされますが、東北地方太平洋沖地震(東北大震災)では津波の被害により原子力発電所が停止し、復旧には多くの時間がかかりました。

家庭内において、照明や冷蔵庫、冷暖房といった空調機器(エアコン)、ブロードバンドルータ、電話やFAXといった通信機器も電気がないと動作しません。 情報入手手段のスマフォでさえも電気がなくなると使い物にならなくなります。

電気のインフラが停止した場合の対策を以下に述べます。



電気自動車

電気自動車のイメージ写真

電気自動車やプラグインハイブリッド車(PHEV)は、非常に大きなバッテリーを搭載し、バッテリーの電気を使ってモータを回し走行を行います。 又ハイブリッド車も普通のガソリン車に比べて大きなバッテリを搭載しています。

続きを読む...

太陽電池パネル

太陽電池パネルのイメージ写真

一般の家庭でも太陽電池パネルを取り付ける屋根をよく目にするようになりました。 太陽電池パネルを取り付けている家庭では、停電時でも日中は電気を使用することが可能となります。 太陽電池パネルを制御するパワーコンディショナには、自立運転用コンセント(又は非常用コンセント)が用意されています。

続きを読む...

太陽電池+蓄電池

太陽電池+蓄電池のイメージ写真

小型の蓄電池と太陽電池バネルの組み合わせで、最低限の電力の供給が可能となります。

続きを読む...







地震に備えて









ページのトップへ戻る